タクシードライバーとして働きたい

タクシードライバーに向いている人と向いていない人がいます。タクシードライバーとして適している人にはどのような特徴があるのかまとめました。タクシー求人に興味のある方は参考にしてみてください。

タクシードライバーに向いている人

婦人
no.1

長時間集中できる

業務をするうえで一番大事なことは安全運転することです。タクシードライバーの仕事は長時間勤務ですので集中が途切れがちです。ほんのちょっとした油断が事故につながりますので、長時間途切れずに集中することができる人はタクシードライバーに一番適していると言えるでしょう。

no.2

コミュニケーション能力が高い

1位に次いでタクシードライバーとして適している人は、お客さんとの接客が上手い人です。タクシードライバーはお客さんを乗せて目的地まで送るのが仕事です。接客が上手いとお客さんがリピーターになったり、良い評判が広がります。その結果売上に繋がるのです。

no.3

ドライブが好き

車を運転するのが好きな人もタクシードライバーに向いていると言えます。タクシードライバーは営業エリアの交通事情や周辺施設の場所について把握しておかなければなりません。運転するのが好きな人はどこにどのような施設があるのか、またどの時間帯に渋滞しやすいか把握していますので、タクシードライバーとして働いても苦にならないでしょう。

no.4

真面目

あまり努力しないで業務をこなすと、会社からマイナス評価を受けます。また場合によっては給料が下がってしまうこともあるでしょう。現状に満足せずに日々コツコツと働くことができる人はタクシードライバーに適しています。

no.5

体調管理ができる

タクシードライバーは長時間勤務しますので、体調を崩しやすいです。体調を崩さないように、休憩を入れたり休みの日にリフレッシュしたりするなどをきちんとできる人は、タクシードライバーとしてやっていけると思います。

仕事の内容も理解しよう

タクシードライバーに向いていることがわかりましたら、タクシードライバーが具体的にどのような業務をこなしているのか調べてみましょう。そうすることで、理想と現実のギャップを少なくすることができます。

自己分析しよう

本当にタクシードライバーに向いているのか自分自身のことを理解するのが大切です。性格などを確認してみて合わない部分が多くても諦める必要はありません。タクシードライバーに適している人になるよう自分自身を変えればいいのです。

タクシー求人へ応募する前に知っておくべきこと

免許証

二種免許を取る

タクシードライバーとして働くためには、まず二種免許が必要です。二種免許が必要だと、タクシー求人の条件にも書かれていることもよくあります。もし、免許がないなら料金が安い合宿免許に参加して取得するのがよいでしょう。なお、東京など一部の地域では二種免許と併せて地理試験にも合格する必要があります。

レディ

研修

無事にタクシー求人へ応募し、タクシー会社に採用されると新人研修をすることになります。接客マナーやタクシーのタコメーターの操作方法など、学ぶ内容はタクシードライバーとして働くうえで必要なものばかりですので、真面目な態度で研修を受けましょう。

男女

デビュー

新人研修が終わったら、いよいよ実対応です。不安に感じるかと思いますが、初めは誰だって緊張するものです。業務をこなしていく内に慣れますので安心しましょう。もし分からないことがあったら一人で抱え込まずに先輩へ相談するとよいでしょう。

タクシー会社に寄せられるよくある質問

履歴書

地理試験はどのように勉強したらいいのですか?

タクシーセンターで過去問題集を購入することができますので、それを用いて勉強ができます。なお会社によっては試験対策のための研修をしてくれるところもあります。

寮はありますか?

多くのタクシー会社が寮を完備しています。一人用の寮のほか、家族で住めるタイプの寮を完備しているところもあります。どのようなタイプの寮があるのか気になるのであればタクシー会社へ確認してみましょう。

残業は多いですか?

タクシードライバーの月間の勤務時間は厚生労働省より厳格に決められています。決められた勤務時間を超えて働くことはできません。そのため残業は多くありませんのでご安心ください。

保証人は必要ですか?

採用時に保証人を用意するよう指示するタクシー会社は多いです。しかしながら、保証人が不要なタクシー会社もありますので、保証人がいないからといって諦める必要はありません。

未経験でもなれますか?

過去に未経験でタクシードライバーになった方は多くいらっしゃいます。一人で勤務できるようにきちんと研修してくれますので、問題ありません。